西船橋駅前クリスマスガーデンイルミネーション点灯式開催!

ただいま飾り付け真っ最中

p1040359

毎年いつのまにか灯された駅前のツリー…誰が灯しているのかわからないまま、そのツリーの美しさに心なごむ思いをしたものでした。それがじつは西船橋駅商店会青年部のみなさんのボランティアで灯されていたことを知りました。そこには「お帰りなさい」「お疲れ様」といった商店会青年部のみなさんのおもいが込められていたのです。

見上げたら、くらくらしました

p1040353-2

p1040360

2台のクレーンで手作業で飾り付けていきます。ひとつひとつ丁寧に。地道な作業が続きますp1040363

地上にはたくさんの箱が…これみんな電球?!あ、トラックの上にも…今年はどんなイルミネーションなんだろう。とても楽しみ。期待に胸がわくわく

p1040361

p1040362

振り返ってみて…

2009年、夢虫が青年部のみなさんのお話をきいてそれなら是非点灯式をやりましょう!と提案しました。さて、青年部のみなさんも私たちも手探りの点灯式…記念すべき第1回目は駅の階段を降りてきたタクシー乗り場のすぐ前のスペースでゴスペルソングを歌いました。思ったよりも暗くて楽譜が見えない。でもマライヤキャリーのクリスマスソングから坂本九さんの「上をむいて歩こうまで」楽しく歌い切りました。その楽しかった気持ちが次に次にとつながってきたように思います。

112507

イルミネーションへの変更

2011年東北の大震災があった年。クリスマスツリーの木が疲れてしまったこともあり、その年はお休みをしました。そして次の年、LEDの電球を使ったイルミネーションに変えることになりました。とはいっても、まだまだLEDは値段が高い。少ない予算の中ではたくさんは飾ることができません。「これから毎年少しずつ増やしていきますよ」と語った青年部の方の笑顔が印象に残っています。

112502

輝きをまして…

あれから5年、ツリーは青年部の方の言った通り毎年グレードアップして、さらに美しく輝きました。そして昨年から点灯式の場所も階段横のスペースにかわりとても歌いやすくなりました。機材や電気も増えて楽譜もみやすくなりました。さらに嬉しいのは点灯式を通じて商店会のみなさんや地域のみなさんとのつながりができたことです。この暖かい光はみなさんの心を和ませ、安らぎを与えてくれることでしょう。

112501響け!夜空に!

ハーモニーを作るには一人だけではできません。一人一人が他の人の歌声を聴きながら歌うことで作り上げられていきます。そしてなにより歌うことで一つになれることが歌の良さだと思います。今年はいつもの「もろ人こぞりて」から始まり、「あら野のはてに」NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」「きよしこの夜」「ドレミのうた」「切手のないおくりもの」「アメージンググレイス」8曲を歌いました。「きよしこの夜」と「ドレミのうた」は歌詞カードを用意して会場にいるみなさんと一緒に歌いました。まさに歌でつながることを実感したとても素敵な点灯式になりました。

112510

点灯式を終えて

歌の指揮指導を引き受けてくださったポコアポコの太田先生には選曲からお願いし、練習から本番まで時間のないなかでご指導いただき、楽しく盛り上げてくださってとても素晴らしい点灯式になったと感謝しています。又全体の歌を指揮してくださった仁平先生や伴奏で盛り上げてくれた香川さんにも感謝いたします。そしてなにより歌いにあつまってくれた地域の皆さん!心からありがとう!それから西船橋商店会のみなさん、いつも会場の準備や段取りをありがとうございます。なによりも美しいイルミネーションをありがとうございます。これからしばらくの間あの光に心がなごむことでしょう。そして来年はこの記事を読んでいるあなた!!ぜひ参加してくださいね!

112505

西船橋駅前商店会ではこれからも色々なイベントをご用意しています。詳しくは商店会ホームページをご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す